mi・memo

いわゆる日々のメモ書き

10年前から知ってるバンドマンがアイドルだった

先日、ランクヘッドというバンドのライブに行ってきた。『みかん祭』という名前がついた恒例イベントがあって、メンバーが食堂を出したりBARでオリジナルカクテルを出してたり、ちょっと手作り感あるイベントでたしか昔からずっとやっていると思う。何度かライブは行ったけれどもみかん祭ははじめてで、名前だけは何度も聞いていたのでめちゃくちゃ楽しみにしていった。 

そもそもランクヘッドというバンドは、愛媛出身の4人バンドで、もう15年以上活動していて、めちゃくちゃ有名というわけではないけど、けっこう愛されている。メインステージはもっぱら箱。ライブハウス。ネガティブで前向きな曲を汗くさく歌うような、ちょうエモーショナルな人たち。めっちゃ聞いていた時期も聞いていなかった時期もあるけど、もう初めて手に取ってから10年くらい経つ。

 

10年経つんだよ!!でも、みかん祭めっちゃ新鮮によかった。というか、言いたいことがある。というか、タイトルの通りなんですけど

ボーカルの小高芳太朗氏がアイドルすぎる。

いや、ほんと。もっと言えば小高さんだけじゃない、みんなそう。ベースのさっくんも金色の全身タイツなんか着ちゃうし、ギターの壮さんは天然かわいいし、サポートドラムの櫻井さんもすぐ調子のるし(ほめてる)、元ドラマーの龍さんだってライブ当日についったーで応援メッセージつぶやいちゃう。ふつうのロックバンドなんですけど、人を楽しませようという気概がみんなめちゃくちゃ強い。このみかん祭もライブハウスのただのステージじゃなくて、花道というか、なんとセンターステージが設置されている。しかも4人で作るライブなのになんと4部構成。そしてなんとバンド内ユニットもある。もはやアイドル。

 

中でも、ボーカルおだかさんはフロントマンで言葉を尽くすタイプ。いつまでもかわいい。わたしの知っているおだかさんは、料理が得意・絵がちょう上手・新居浜西高校出身・一児の父・マンガが結構好き・高学歴(これはメンバーみんなだけど)・情が厚いというかもう全部アツい。それは知ってた。

でもね、こないだのライブで圧倒的に惚れさせられてしまった。

 

 

 

 

これですよ。本当に。圧倒的アイドル力。

ていうかね、曲からもわかるけど、全部まっすぐだから客席に愛を伝えることに遠慮がない。どきどきする。こちらが楽しい顔すればするほどちょうニコニコしてくれる。愛が溢れて「かわいいな!」って言っちゃう。もちろん男も女も関係なく。

優しい人たちだから全国各地回ってきたツアーの映像とか、あますところなく見せてくれちゃうんですけど、その中で色々な企画ライブとかもしてる。男限定ライブなんかもしてて、死ぬほど激エモな楽曲を歌って、愛してるとかかわいいとか言っちゃって、勢い余ってシャツとか脱いじゃう。ついでに「もっと恥ずかしいことする」(うろ覚え)って言って高校生の時に作った曲歌っちゃう。せっかくなので歌詞抜粋。

ショートヘアの 君の横顔は僕の指定席

これからも僕だけのもの

美しい人よ 君を幸せにしてあげるから

どうかいつまでも僕の手を離さないで

美しい人よ 冬は雪祭りを見に行こう

夏は沖縄の青い海で泳ぎたいね

10代の時にこんな曲かけちゃうのもすっごいけど、この人この曲歌いながらいわゆるファンサみたいなことまでする。ショートヘアなんて歌いながら人のあたまをつかんだり、「抱きしめてずっと離したくない」とか言いながら客席の手をにぎったりするの・・・もうアイドルじゃん!なんだこれ!知ってたけど、知らなかった。

 

もうほんと、これが演出とかじゃなくて、まっすぐやってるからこっちもどんどん好きになっちゃう。

 

今回、センターステージみたいな変わった場所で、アコースティックライブも見せてくれたんです。4人で、アコースティックギターとか、カホンとか持ち込んで、背中合わせで、夏の匂い(カルビーの夏ポテトのタイアップ曲です)とかやってくれて。普段、ライブハウスってそんなステージもないし、他のお客さんの顔見る機会なんてほとんどないのですが、いわゆるまじでセンターにあるステージなので、メンバーの顔越しに客席がよく見えた。みんな聞き入ってたし、たまらなく笑顔の人もいたし、たくさんの人が顔をあげて楽しそうにしてた。こんな幸せ空間あるんだなって思いました。

 

毎日しんどいこともある、悲しいこともある、でもそれが生きるってことだよね、楽しいこともそのうちあるよ、みたいな彼らのスタンスはものすごく救いだ。彼らの曲はそんなにポジティブじゃないけど、いつだって前向きで、ぜんぶひっくるめて結局なんとか生きるしかない、みたいなことを教えてくれる。思い返せば、10代のころに行った彼らの初ライブ、田舎のライブハウスだから小さいし、元気だったから最前でもみくちゃにされながらめちゃくちゃ至近距離で見て、あの時も1カ月くらい、おだかさんの笑顔を忘れられなかった気がする。恋愛的な意味で好きだった気もする。

その存在自体で、人を惹き付けたり、元気づけたり、後押しするのがアイドルなんだとしたら、彼らはまごうことなきアイドルなんだと思う。去年のロッキンのオープニングで、渋谷さんが言っていた、「ロック」という言葉の意味が広がっているみたいなこと、それでいえばアイドルというものの定義も同じかなって、だったらそうやって思っててもいいかなっていちファン、いち音楽好きとして勝手にそう考えることにした。好きなバンドはたくさんあるけど、アイドルだと思えたのは初めてで、それってすごくいいなあって気がしている。もらった元気で明日も頑張れるし、そのうちいいこともあるって信じられる。なかなかそんな存在はいない。

 

なんだかとても長くなってしまったけど、これは公開ラブレターみたいなものなので、もしかしたら朝に起きて読み返したらちょっと後悔するかもしれない。でもまあそれもいいかなって。明日(もはや今日ともいう)も仕事だし、この足で歩いていかなければいけない。さー寝よう。おやすみなさい。

2016年ダイジェスト

2015年は「会いたい人には会える時に会いに行く」をモットーに行動していました。去年は舞台ばっかりでしたが、今年は映画もドラマも歌舞伎もそこそこたくさん見た。今年の初めに貯金が目標って書いてたのに、浪費は加速してしまった…な…。

触れたものに対して、その本質と展開をちゃんと考えたいなと思った年でした。だから本当はブログも書きたかったことが色々あるのですが。ここでダイジェストにして供養しておきます。来年は頑張ろう。


2016年書きたかった話一覧

・ ロッキン4日目のオープニングで、渋谷陽一氏が「色々ありますが、ロックインジャパンもこんなに大きくなって、ロックと言われるものも広がってきている。そしてきゃりーちゃんも最高のモラルと根性を持ったロックアーティストです」(うろ覚え)って紹介した話。その日のメインステージのトップバッターがきゃりーちゃんだった

・夏に見たやじさんきたさんの歌舞伎が、文春記者は出てくる・主人公は舛添さん野々村さんに化けて豪遊・「下衆の極み!」って台詞が出てくるetc.の時事ネタづくしだし、まじでクジラに乗ってラスベガスに行っちゃうし、なぜかワンピースの白ひげは出てくるし、吉野山やら獅子王やら他の歌舞伎演目もやりまくるし、水芸やら宙乗りやら派手な演出も多くって、タイトル通り(『奇想天外!お伊勢参りなのにラスベガス?!東海道中膝栗毛  弥次郎兵衛 喜多八宙乗り相勤め申し候』)で、最高だった話

・映画『怒り』でその話の重さにめちゃくちゃ衝撃を受け、「結末はひとりの犯人が逮捕されるだけのストーリーなのに、どうして3人もの容疑者を取り上げて死ぬほどしんどいシーンを見せられたんだろう…」と悩んでしまった話

Instagramユーザーの気持ちを知りたくてインスタグラマーっぽい投稿を頑張っていた話

関ジャニライブ参戦2回目で、前回に引き続き大倉くんのイケメンさに惚れそうになりながらも結局渋谷すばるに負けてしまう話


全然書けなかった…。Twitterには備忘録として感じたことを書くようにはしていたのですが、もっと色んなことを豊かに表現できる人になれたらいいな。と思う。愛情表現と営業活動と、ちょっとお仕事。どうしてなぜここでこれが仕掛けられているのか?的な発想がもう少しできるようになりたいのですが、訓練が必要ですな、、。


◼︎映画
化物語/キンプリ/マッドマックス/蜜のあわれ/ピンクとグレー/シン・ゴジラ/何者/君の名は。/怒り/この世界の片隅に永い言い訳
◼︎舞台
GO,JET!GO!GO!/アリスインデッドリースクール/キンキーブーツ/ミス・サイゴン
◼︎歌舞伎
壽初春大歌舞伎(廓三番叟/義経千本桜鳥居前/石切梶原)
浅草新春歌舞伎(毛抜/川連法眼館)
六月大歌舞伎(義経千本桜吉野山&鳥居前)
八月納涼歌舞伎(東海道中膝栗毛/艶紅曙接拙)
吉例顔見世大歌舞伎(四季三番草/毛抜/連獅子/加賀鳶)
シネマ歌舞伎ワンピース

平均で言うと映画は月イチ、歌舞伎は2ヶ月にいっぺん見てるな…。思ったよりちゃんと見てる。シンゴジラは3回見た。来年も楽しい一年にしよう。

初めて歌舞伎を見に行った話

新春…新春歌舞伎の記事を書こうと思ってたら本当の春になってしまった…。

時間の過ぎるのが早すぎてもはや夏と冬を一緒に迎えそうな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。


歌舞伎を初めて見たのが3ヶ月前で。

こんなに面白かった!!を今更ながらちょっとやっぱり伝えたいので、記事を書くことにする。


きっかけはテレビの歌舞伎中継で、楽しそうな男の人と女の人が(この場合は実際はふたりとも男の人なんだけど)、ひょうきんかつ華麗にすったもんだしてて、「なんだこれ?」って思ったこと。

教科書で見るような重そうな着物を着てるけど、もちろん日本画じゃなくて映像だから、動くし、歩くし、なんなら追いかけっこしてるし、その綺麗な着物を小物代わりに使ったりもして、ちょう自由度の高い舞台だなって思った。そもそも理解できない人が多いのが前提だから、副音声でガイドも流してて、難しい台詞まわしから衣装の意味まで色々教えてくれる。


調べてみると、東京なら銀座の歌舞伎座か浅草公会堂で新春公演をやってる…けど、平日も休日もほとんど埋まってる!びっくりした。だけど歌舞伎は当日にだけ販売する幕見席ってのがあるから、初回だし、とりあえずお試しってことで安価な幕見で見ることにしまして。当日は販売開始30分前(開場じゃないよ、販売開始の30分前)に行けばいいだろって思ってたらその時間には座席が売り切れ、立ち見で見ることになってしまった。知らなかったけど、人気なんですって歌舞伎。


ワンピースなんかもやってたりするから、歌舞伎は本当はめちゃくちゃハードル低いんですよね。(歌舞伎の公式サイトもすごく見やすくて面白いので一役買ってるんじゃないかと思う)

実際会場は老若男女問わずという感じで大学生からおじいちゃんおばあちゃんまで、お正月だからか和服着てる人も多くてすごく華やか。やっぱり女性が多いかなってくらい。


今年の歌舞伎座の新春歌舞伎は、千本桜義経の鳥居前っていう演目をやっていて、とある人に化けた狐ちゃんがお姫さんを守る話なんですが、このちょうど続きを浅草でやってました。

こういう、1話でも面白いし、前後のお話を知るともっと面白いっていうエンタメに弱い。そのまま翌々週には浅草まで見に行きました。


こっちは若手の歌舞伎役者さんがやってる舞台で、すごくカジュアル。わかりやすい仕掛けとか展開が多くって、楽しい話ばっかりだったから初心者にはちょうどよかった!


だって!あのお昼バラエティに出てる尾上松也さんが、キツネのコスプレして跳ねる!鳴く!飛び出す!千本桜川連法眼の館、通称四ノ切というらしいのですが、大好きになりました。

ちなみに一緒にやってた演目、毛抜もとってもよかったのですが語りすぎるのでまた今度…。


とりあえず、ポスタービジュアルがまったくもって歌舞伎要素なくていい。若手役者さんならではって感じがする。

http://www.kabuki-bito.jp/sp/theaters/other/play/445



ほんとに、伝統芸能的なよきところを踏襲しながら、新しいことを色々やってるのとか、若い人たちがわちゃわちゃしてるのとか、すっごい楽しいと思う。

たっくさん演目があるから一つ見たら違うのが見たくなるし、役者さんも、次はこの役!とか立場の違う役で同じ舞台に出たりもしてるからこんなに際限ないエンタテイメントもない、、ひゃー。みんな見てほしい!!!!ぜひ!!!!



追記

記事投稿したの3/24 01:15とかなんですけど、投稿時間58日前の1/25になってるのウケる

ハロー2016年

2015年の目標は「会いたい人に会いに行く」。距離があっても、ちょっと億劫でも、お金がちょいとかかっても、会いたい人の顔を見ることが自分にとっての愛情表現で、それを大切にすることで見つかるものがあるんじゃないかと思って過ごしてきた1年でございました。

 

と、いうことで、初めてお芝居というものを見、学生時代を過ごした金沢へようやくつながった北陸新幹線にも何度か乗り、ジャニーズライブも経験して、あとは例年通りフェスにも行き、いろいろライブにも行き、いくつかイベントもいきまして、躊躇せず浪費を重ねた年になりました。というか、こうして羅列するとめちゃくちゃ遊んでるな…。けっこう、見たものをtwitterやらなんやらで書き散らしたりもしているのですが、お芝居を見に行ったのは今年が初めてだったので、備忘録代わりに記録しておこうと思います。アウトプットアウトプット。

 

◆5月 ぷよぷよオンステージ

何を隠そう初めてのお芝居見学…。初めは気になる女優さんがいて、「いやぷよぷよってどういうことだよ」と思ってニコ生(今は便利なものがありますね)で見て、これは直接見にいかねばなるまいと思って翌日当日券で見に行きました。仕事が忙しかった時期のGWで、休んでるのに気力も湧かなくて、逆にそんなときだからこそ行ったら元気になるかもなあと。そしたら会場に贈花は溢れてるし、キャラクターたちはかわいいし、客席もすごく楽しそうで、なんだかいろんな方向からの愛を感じました。元気になった。

 

◆7月 ヴァンパイア騎士

正直お目当ての女優さんばかりを目で追っていました…。でも音も映像もすごかった。綾那さん、もっと色々出てほしいな。

 

◆8月 アリスインデッドリースクール

唯一パンフレットを購入した公演。再演するんだったら絶対また行きたい。

 

◆9月 轟然

初めて男の人も出てる舞台で、歴史物で、情報量多くて自分の中でどう整理するか迷ったし、今もちょっと迷ってる。主役の世蓮ちゃんの気迫…。アクションも魅力的だったなあ。

 

◆12月 このニャかに人猫がいるニャ

◆12月 蝉人間

◆12月 potluck9 -day-

即興芝居というものを見ました。思ったより個性が出るのですね。沈黙時間を避けて突飛に見える発言をする人、設定作るより設定を展開させるほうが得意な人、タイミングの読み方が絶妙な人…。自分の特長を知ることは大事だって思った。

 

 

完全に、わかる人にはわかるラインナップ…。2.5次元を意図的に狙ったわけではないのですが(笑)お友達の舞台も名古屋まで見に行きました。箱の大きさで見せ方変わるんだなあ。

特定の俳優さん追いかけてると、ステージごとに全然違う表情見せてくれるのすごいと思うし、もっと見せてほしい。あとは、ステージという限られたスペースで演出が映える場面にときめきまくってたので、制約をうまく生かしてるコンテンツが好きなんだなって自覚しました。だから、2015年映画のバクマンも好き。

 

何より、現場に行くと愛を感じるのがよいですね。音楽系のイベントはみんな「自分も楽しむぞー!」って空気が圧倒的だけど、お芝居の現場は「見せてくれ、愛させてくれ!」って感じがする。どっちも素敵だ。

 

2016年は多少節制しつつ、引き続き色々見て回りたいなと思う。

 

去年の目標がプライベートだったから、今年は、「貯金」「積み重ねる」って言葉を公私ともに大切にしようと思います。社会人歴を数年重ねたところで、変な手の抜き方に頼らないように。まだ青さが言い訳になるうちに、小さいことも気にしまくって生きていきたい。年相応に貯金もせねばなるまい。まずはひと月、って思っておけば楽でしょうかね!2016年も楽しくしよう。

美容室に行った

髪の毛の根元を染めた。毛先を切った。トリートメントをしてもらった。それだけでずいぶん気分が楽しくなった。


わたしは高校生くらいまでほんとうに男の子みたいな身なりをしていて、ちょっとガサツな喋り方をして、髪も今よりずっと短かった。それが今ではタイトスカートのスーツを着て、髪もパーマをかけて、お客さんによそゆきの声で電話をかけて、たまに自分が誰だろうと思うことがあります。そしてまた人間に近づいたな、って思うのです。


頑なに髪を短くしていた時期、わたしは頑固で自信過剰で空気も読めないよくある中二で、おおよそ社会性があるとは言えない性格をしていて。別にそれが180°変わったなんてことはないんだけれども、全てを表に出さないだけ大人になったよなーなんて。ちなみに今は高校生の妹が同じような道を辿っててムズムズします。笑



髪を伸ばし始めた時も、スカートを履くようになったのも理由があって、それは恋みたいな青春っぽいことだったりどうしようもないくだらないことがきっかけだったりします。「変わろう!」と思って変わったことはないけれど、理由があればちゃんと変われる。と思ってる。


髪を切るのではなく整えるためにはさみを入れてもらうようになったのはとっても大人なことみたい。ドライヤーが短く済んでとてもラクチンです。こういうこともちゃんと楽しめる大人になれてよかった。